最初に肌の老化を感じたのが目尻のシワでした。

目の周りは皮膚が薄くて乾燥しやすいですから、シワもできやすいように感じます。

20代くらいの頃から目元が乾燥したら浅い小ジワができやすかったですが、今ではそれがくっきり刻まれてしまいました。

しかし、私くらいの年齢になっても、全く目元のケアをするのとしないのとでは目尻の進行具合も違ってくるように感じています。

以前は年を取ったら目尻にシワの1つもできるからと半ば諦め気味で、しっかりお手入れしていませんでした。

肌はお手入れした分回復してくれるというのをいつからか信じるようになって、多少は保湿ケアを頑張るようにしました。

美容液を重ね付けしたり保湿クリームをたっぷりめに塗ったりと、目元に気を使うようになったのです。

それが良かったのか、くっきりとしたシワはさすがに減ってはいませんが、浅い小ジワは多少減ってきたように感じます。

目元にシワがあるだけで老けて見えてしまいますから、多少でも改善できるなら目元ケアも続けていきたいと思っています。

マジックフェイシャルの第一印象は不思議なシートだなと感じました。

貼っているだけで目元を若々しく見せてくれて、全く目立たないのがすごいなと思います。

ただの目元パックかと思ったのですが、貼ったまま24時間保湿しながら目元の小ジワをカバーしてくれるとは新しい発想の化粧品です。

公式サイトの画像では目元のアップが載っていますが、シートを貼っているなんて言われないと全く気付きません。

メイクしても自然になじんでいる感じで、シートでシワを隠すのではなくシートに染みこませた美容液などの成分で根本からシワを目立たなくさせるのは画期的です。

貼っている間に違和感は感じないのかなと口コミをチェックしましたが、シートが優秀なため通気性もあり貼っているのさえ忘れるくらいのようです。

上からメイクすればしっかりカバーできますし、肌になじんでしまえばノーメイクでもシートを貼って外出してもばれないようです。

夜寝ている間の集中ケアとして使っている人もいて、だんだんとシワが目立たなくなったそうで新しい目元ケアアイテムとして注目したいです。

魔法のシート マジックフェイシャル

美容液ファンデは概念を覆す商品

今まで美容液はスキンケア、ファンデーションはメイクアップという風に分けて考えていましたが、美容液ファンデーションはその概念を覆す画期的な商品だと思います。

肌にとって良い成分が含まれているので、これまでファンデーションはあまり肌に良くないからつけなかった人たちや、つけたくないけど人前に行くから仕方なくつけていた人たちにも美容液ファンーションの発売は朗報だと思います。

ファンデーションを塗ると、どうしても肌が乾燥して夕方には化粧崩れをしがちですが、美容液ファンデーションならば、潤いがあるのでそのような心配もありません。

肌に負担をかけないファンデーションというとミネラルファンデーションが有名ですが、どうしてもパウダーファンデションなのでカバー力に物足りなさを感じていました。

その点、美容液ファンデーションはクリームなので、シミ・シワ・毛穴など気になるところをしっかりカバーしてくれるところが嬉しいです。

美容液成分が68種類も配合されているのが素晴らしいと思います。

その中には保湿効果の高いコラーゲンだけで5種類、保水力のあるヒアルロン酸が3種類、シミを抑制する美白成分まで含まれています。

まさにスキンケアができるファンデーションだという感じがしました。

メイクをしながら肌の潤いをキープできるなんて、まさに願ったり叶ったりの製品です。

クリームファンデーションはパウダーファンデーションに比べて、重たい感じがして敬遠する人もいますが、薬用クリアエステヴェールは薄づきなのにしっかりカバー力があるというのも魅力的です。

そのうえ、SPF35PA+++と日焼け止め効果もあります。

ファンデーション、美容液、日焼け止め、美白、パック作用と1本で5役もこなす優れものです。

合成香料や石油系鉱物油、タール系色素が無添加というのも安心できます。

ハーフサイズならば1,990円とたいへんお手頃だし、5色のサンプルも付いていておすすめです。

神ファンデを見る

33歳 敏感肌と混合肌なので、3つのことを基準に基礎化粧品を選びます

基礎化粧品選びは、混合肌&敏感肌なので、

自分の肌に合ってトラブルが起こらないこと
保湿効果が高いこと
美白効果があること

この3つが基準になります。

若い頃は基礎化粧品は保湿が出来れば良いやというくらいの概念しかなくて、特にこだわりはなかったのですが年齢を重ねるごとに肌の悩みが増えてきて、同時に基礎化粧品の大切さを実感し始めました。

年齢を考えずに若い時と同じ基礎化粧品を使い続けていてもどんどん老化が進んでいくと思いますし、若いうちから年齢層が高めの方向けの基礎化粧品を使ってしまうと肌が甘えてしまうと思うので、若い人も年齢を重ねた大人の女性もそれぞれの年代や自分の肌に合った基礎化粧品を使うことが大切だと思います。

私の場合、30歳を超えてから乾燥がひどくなってきたのと、シミやそばかすが気になるので美白効果と保湿効果が高い基礎化粧品を選ぶようにしています。

基礎化粧品の選び方ひとつで5年後10年後の素肌が変わってくると思うので、ファンデーションやマスカラなどのメイク用品を選ぶのと同じくらい時間をかけて、その時の自分に1番合う基礎化粧品を見つけることが最大のアンチエイジング方法だと考えています。

テレビコマーシャルを子どもの頃からよく観ていましたが、品質の良い基礎化粧品をお客様目線で製造しているという印象があり信頼出来るブランドだと思っています。

肌の悩みを解消するだけでなく、肌の根本力も引き出してくれるというのが嬉しいですし、スキンケアからUVクリーム、美容ドリンクまで幅広い商品を取り扱っているのも頼もしいです。

肌が敏感なのですが、天然由来成分ということなので安心して使えそうですし、保湿力が高そうなのも魅力に感じます。

まだ自分には早いかなと思っていましたが、もうすぐ30代半ばに近づきますし今が始め時かなとも思っています。

基礎化粧品は実際に使用してみないと自分の肌に合うのかや効果が実感出来るかが分からないので無料お試しセットがあるというのが嬉しいです。

特にドモホルンリンクルは私にとっては全体的に価格が高めで購入を躊躇しがちなのですが、こういう無料お試しがあると「使ってみたい」という興味が強くなりますし、実際使ってみて「良い商品だな」と実感出来たら値段が高くても購入しようと思うのでとても良いサービスだと思います。

ドモホルンリンクルの口コミはこちら

皮脂が出ると黒ずみができるのでそれに悩まされました

皮脂が出るようになったころから、黒ずみができるようになりました。

10歳くらいのときに小鼻に皮脂が出始めて、こまめに洗顔をしていましたが黒ずみができやすくなりました。

洗顔をしているのに黒ずみができてしまうことが不思議でした。

それから5年後くらいには常に黒ずみが気になるようになり、貼ってはがすタイプのパックで角栓を取っていました。

すると、さらに毛穴が広がり、皮脂と汚れが混ざった角栓が毛穴にできやすくなり黒ずみがいちごの種みたいに見えるようになってしまいました。

できてしまった毛穴の黒ずみを落とすことは、とても難しいです。

さまざまな毛穴対策のコスメが市販されていますが、頑固な黒ずみには効果が少ないと感じています。

毛穴の黒ずみ対策として1番有効だと感じていることは、汚れが軽いうちに落とすことだと思います。

そして毛穴対策コスメを常に使い続けることで、きれいな状態をキープすることができます。

毛穴対策コスメは、スペシャルケアとして使用するものが多いです。

毛穴の目立つ部分にだけ使用するのが面倒だったり、刺激が強いものもあるため、毎日のケアとしては続けることができません。

毎日使う基礎化粧品で毛穴対策をできることが、できたばかりの黒ずみを落として汚れをためない有効な手段だと思います。

しかし、毛穴汚れに効果的でありながら顔全体にも使用感のよいコスメは、なかなか見つかりません。

乾燥しすぎてしまうものも少なくありません。

毛穴の黒ずみには、顔全体に使用できる使用感でありながら黒ずみ対策をすることができる基礎化粧品を毎日使い続けたいです。

資生堂のエリクシールは使用感がよく普段から使用していたシリーズなので、新しいルフレもよさそうだと思い期待して購入してみました。

特にCMで見ていた、ジェルからもこもこの泡に変わる様子が気になっていました。

手の平に出してみると、普通のジェルといった感触です。

それを1番毛穴が気になる鼻から、クルクルとマッサージをするように広げていきます。

すると、おもしろいと感じるほど泡がもこもことしてきます。

その泡で顔全体をやさしく洗うことができるため、とても気持ちのよい洗顔をすることができます。

はじめはジェル状なので、毛穴の汚れをしっかりつかんでくれているように思います。

泡が多いからか、すすぎは少々時間がかかりますが洗い上がりの肌はしっとりつるつるになります。

1番気になる毛穴の汚れにも効果的だと感じました。

毎日続けることで、黒ずみをためないことができると思います。

黒ずみがそれほど気にならない頬の毛穴は、肌が明るくなったように感じます。

顔全体への使用感もよく、黒ずみ対策をしながら毎日使うことができるため、とても気に入っています。

シンプルなパッケージもとてもよいです。

エリクシールルフレバランシングバブルはこちら